ウマ娘&シンデレラグレイ

[史実ネタバレなし]ウマ娘 シンデレラグレイ 第71R『カウントダウン』感想・考察ブログ 

こんにちは、アオト(@gamersbei)です。

 

前話の70話をまとめるとレースごとに進化するタマモクロス、シンボリルドルフがゾーンに驚いていたわけ、スーパークリーク、文乃トレーナーにベタ褒めされるでした。

 

なんのことやら解らない方はこちらからどうぞ!

 

[史実ネタバレなし]ウマ娘 シンデレラグレイ 第70R『ヌルい』感想・考察ブログ こんにちは、青砥(@gamersbei)です。 前話の69話をまとめるとロードロイヤル節は今日も絶好調、オグベルてぇてxで...

 

70話感想です。どうぞ!

 

毎週忘れずにYJが読めます!!

週刊少年ジャンプ定期購読/Fujisan.co.jp

定期購読のお申込み・予約ができる‼︎

会員登録すると五百円クーポンがもらえる‼︎

紙・デジタル両方好きな雑誌を選択可能‼︎

4.5

レビュー(星)

 

ゲーム版では赤ちゃん扱いしていたので、クリークのびびり具合は逆に新鮮

週刊ヤングジャンプ2022年12号 71話参照週刊ヤングジャンプ2022年12号 71話参照

前回、シンボリルドルフが驚いていたのはタマモクロスが想定より早くゾーンを発動していたから、そして長距離向けにゾーンの持続時間を伸ばしていたからだった。

 

ゾーンさんもここまで長く持続する設定にしてなかったので驚いているはず(なぜかゾーンを擬人化させる管理人)。

 

勝手にタマさんがゾーンさんをver.2に改ざんさせるほど爆発的に成長していた。

 

オグリンがやっとゾーンを覚えたところなのに勝手に先に進んでやがる。

 

オグリンの勝利は絶望的になってきました。

 

まさかタマモクロスがここまで化け物なんてこの管理人の目をもってしても読めなかった

 

管理人にそんな知名度と知能ないし、北斗の拳とかいきなり古いパロディやめやというツッコミという名の罵倒が聞こえた気がしますが、気のせいなのでスルーしますw

 

個人的に一番気になったのがスーパークリークがタマちゃんの迫力にビビっていたこと

 

覇王のようなゾーンと圧倒的な威圧感で有馬記念に出場できるほど強者揃いのウマ娘をビビらせていました。

 

クリークは平然と走っているのかと思いきや同じようにビビっていた。

 

気配とプレッシャーで戦意を失いそうな顔をしていた。

 

そういえばG1レースに出場したのは今回で2回目で、格上の選手と戦ったのは初めてか。

 

ゲーム版では「タマちゃん、いい子」とからかっていたので気づかなかったが、そういえばタマモクロスの方が先輩でレースの経験はあっちの方が圧倒的に上かと読んだ後に今更ながら思い出した。

 

いくらタイミングとスタミナが得意っていっても何度も歴戦を戦ってきたタマちゃんからすると赤子に毛が生えたレベルだ。

 

しかし、管理人は史実を何も知らないのであくまで想像でしかないが、クリークはここで挫折して脱落するようなウマ娘ではないと思う。

 

このレースで何かしら名誉挽回すると思われる。

 

タマモクロスに異常なぐらいビビっていた理由

週刊ヤングジャンプ2022年12号 71話参照

読んだ後で少し疑問に思ったのはどうしてウマ娘たちは異常なぐらいタマモクロスにビビっていたのかなと。

 

顔を見ると逃げないと殺されると思ってそうな表情をしていた。

 

実際に前話のタマモクロスは殺し屋みたいな顔をしていたので、そう思ってても仕方ないところがある。

 

その理由はスーパークリークの発言を確認するとわかる。

 

「全身の血の気が失せていく」

 

「ピッタリと背後に張り付かれているような強烈な気配」

 

つまり背後からいつ喰われてもおかしくない捕食者のプレッシャーということかも。

 

他のウマ娘も同じ気配を感じていたならこれはレースどころじゃないかもしれない。

 

怯えているような表情にも納得。

 

今後の展開を妄想

前回、タマモクロスの流れに乗ってスーパークリークが上位争いに食い込むと予想しましたが、タマモクロスの威圧感が強すぎてそれどころじゃなかったようだ。

 

クリークが上位争いに食い込める確率が低くなりそう。風除けで流れに乗る作戦が失敗したので。

 

となるとオグリキャップは動揺しているかいないかで勝率が変わってくる。この画像を見てほしい。

 

週刊ヤングジャンプ2022年12号 71話参照週刊ヤングジャンプ2022年12号 71話参照

 

オグリはまだ冷静だった。

 

他のウマ娘が常に背後にいるというプレッシャーを感じていたのに対し、どのぐらい離れているかを考える余裕があった。

 

この冷静さが彼女の最大の強みだと思われる。しかもここで焦ってゾーンを発動させずにじっと耐えていることにオグリの戦略性の高さがうかがえる。

 

これでスタミナ切れで脱落することなく、タマモクロスに勝つ可能性が少し高くなった。

 

問題はゾーンを発動するタイミングだ。

 

タマモクロスと並んだタイミングで発動してもいいが、まだ最終直線ではない。

 

ここでゾーン発動してしまうとタマほどの経験値がないので、すぐにスタミナ切れしてしまう。

 

そうなると詰む可能性が高くなるが、考えられる方法はふたつかなと。

 

まずは先にタマがスタミナ切れすること。

 

いくらゾーンを長距離向けにバージョンアップしたところで高い集中力が必要なので、通常より体力が消耗しやすいことは確か。

 

しかもいつもよりイライラや焦りが顔に出てる感じがするので、ペースが乱れやすくなるんじゃないかと考えられる。

 

ジャパンカップでもそうだがタマモクロスのは感情によって調子が左右されがちな傾向にあるので、とどめでオグリが何か調子を崩させるようなことをしたら勝率はかなり高くなるだろう。

 

最後はオグリもスタミナのことを感上げずにゾーン発動してがむしゃらに全速力で走る作戦。

 

オグリもスタミナはそれほどないが、タマもどちらかというとスタミナはパラメータが高くない方だと思われる。

 

秋の天皇賞ではゾーンが発動しなかったらスタミナ切れでおそらくオグリキャップに負けていただろう。

 

ゾーンを発動して倒れるまで全速力で走る作戦で最終直線で抜き切って勝つ作戦がふたつ目の方法。

 

少年マンガ的にもスピード争いで最後に抜き去って勝つ方がかっこいいので個人的な願望はそっちがいい。

 

しかし、管理人が個人的に見たい勝ち方はお互い悔いが残らないレースだ。

 

なんか最後いいように締めちゃったんだけど、ほんとそう願っている。

 

シンデレラグレイは史実通りに展開が進むので、今後の展開を知っている読者からするとこの妄想は滑稽に見えるかもしれないが、管理人は滑稽ながらもネタバレをみない方針で行こうと思う。

 

先の展開を知ってしまったら、ブログを書くの恥ずかしくなって途中でやめてしまうので、管理人や読者にとってもこれでいいと思う。

 

個人的にはレース展開のワクワク感を楽しめるので一石二鳥だと思っている。

 

いろいろ戯言を言ったが、最後に一言だけ。

 

来週の連載まで正座して待っています。

 

ではまた!!

定期購読にすると家にYJが届きます!

週刊少年ジャンプ定期購読/Fujisan.co.jp

定期購読のお申込み・予約ができる‼︎

会員登録すると五百円クーポンがもらえる‼︎

紙・デジタル両方好きな雑誌を選択可能‼︎

4.5

レビュー(星)

 

 

 

このブログは毎週木曜日朝に「ウマ娘 シンデレラグレイ」に関する感想をUPします。

 

検索しても出てこない時は「ゲーマーズべえ」と検索もしくはTwitter(@gamersbei)のフォローお願いします。

 

記事が公開されたらツイートします。

ABOUT ME
アオト
こんにちは、青砥(アオト)です。 休日はオンラインゲームばかりしている美少女の概念にしてあなたの妹です。 毎日の仕事や育児でゲームをする暇のないサラリーマンのあなただけにお届けします。 このサイトでゲームの最新情報やゲーム開発企業のニュースや株価、流行りのスマホゲーム、人気スマホゲームウマ娘の外伝シンデレラグレイの感想・考察などすべてわかります。