ウマ娘&シンデレラグレイ

[ウマ娘 シンデレラグレイ]第48話 世界レベル 〜ますます謎が深まる藤井記者

おはようございます。べえ(@gamersbei)です。

約2週間ぶりのシンデレラグレイです。(このブログも・・・)

前回のあらすじは菊花賞の勝者はスーパークリークヤエノムテキは悔し泣き、トレーナーに励まされ、強くなりますと高らかに宣言。その一方、ジャパンカップの準備が着実に進んでいるところで終わりました。

詳細はこちら↓

 

[シンデレラグレイ] 第47R 『強くなります』〜謎の帰国子女の正体とは〜おはようございます。べえ(@gamersbei)です。 約2週間ぶりの更新です。 前話のあらすじは最終コーナーまで順調だった...

 

前回、クリーク奈瀬文乃トレーナーがいちゃいちゃしているところを早く記事にしたいと考えていましたが、そこを詳しく書いたらキモいかなと我に返って自粛しました。

普段からキモい記事を書いてますが、境界線は越えないように意識はしています。

卑しい気持ちは置いといて純粋にこのペアが好きなので、早くジャパンカップもこのペアを見たいと思いましたが、調べたらジャパンカップは出場しないようですね。

これで我の内に秘めし百合厨が暴走しなくなると安堵する一方、推しの出番は暫くないのかと消失感もあるというめんどくさいヲタクと化しています。

はい、無駄話はここまでにしてここからが感想です。

世界レベルのウマ娘が日本に大集結①

週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 165P参照週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 165P参照

このマンガで初めて競馬に興味を持ったので、ジャパンカップのことをよくわかっていない管理人。

アニメでスペちゃんブロワイエが対決したG1レースという認識しかなかった。

どうやら世界中から集まる強豪ウマ娘と日本代表のウマ娘の頂上決戦らしい。

W杯やオリンピックなど世界大会のようなものだろうか。間違っていたらごめんなさい。

現在も開催している権威ある大会のようだ。

ジャパンカップの解説はここまでにして世界のウマ娘の中で注目されているのが前回日本のウマ娘は世界を知ることになるだろうと日本を舐めきった発言をしたトニビアンカ

しかし、どうやら威勢がいいのは口だけではないようだ。彼女は欧州王者のウマ娘らしい。

功績の良さが態度にも現れているトニビアンカ。早く日本に負けて泣き崩れる顔が見たいぜ(管理人の性格の悪さが出てしまった・・・)。

年一回しかないお祭り。しばらく出番がなかった藤井記者も気合が入っている。

というよりなんで若輩者のお前が仕切っとんねん。えっ!!シンボリルドルフ以来勝ってないの!?どんだけ会長強いん?フンスと鼻息出して興奮しているおじさん可愛いなと開始3ページでツッコミどころ万歳だった。

さすが脚本の杉浦先生!いきなり飛ばしますねと言ったところ。

私も久しぶりのブログで変なテンションになりながらキーボードをカタカタ鳴らしている。

あっまだブラウザバックしないでね。ここまで1000文字なのにまだ3ページ分しか感想書いてないからね。ここから駆け足で進もう。

ムーンライトルナシーちゃん可愛いです!!

週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 168P参照週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 168P参照

場所が変わり成田空港国際線ロビー。

まず最初に現れたウマ娘はイギリス代表ムーンライトルナシー

はい、可愛いっす。もう優勝。特にお胸が・・・失礼。

軽蔑した顔でキモいって言われたい。・・・朝から不快な気持ちにさせてごめんなさい。自粛します。

ルナシーは昨年もジャパンカップに参戦。戦績は23勝10勝その内英仏のG1を2勝しているとまずまずの成績。

この雰囲気に怖気付くかと思いきやそこは我ら藤井。流暢な英語で捲し立てながら近寄る。

しかも昨年のJCは5位とデリカシーがない話題を振る有様。その態度に藤井記者の足を踏むルナシー

やっぱりルナシーちゃんはヒールで足を踏むツンデレな娘だと思ったんすよ。

しかもその後にFujiiと僕のこと覚えているという質問に対して答えてくれたというテンプレのツンデレを返してくれたルナシーは今のところ好印象。

アメリカの巨神 ミッシェルマイベイビー

週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 170P参照週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 170P参照

お次はミッシェルマイベイビー(バスケットボールが邪魔でよく名前が見えなかったけどたぶんBABY)。

そこにも藤井記者が現れる。

成田の後に新宿ってフットワークが軽すぎる藤井記者。

なぜかストリートバスケをしながらインタビューをしている。

調子はどう?と聞くと絶好調さ。どのくらいかというとこのくらいとダンクシュートをしながら答えるミッシェル

その迫力にはわわと言いながらぺたんと腰を抜かした。

誇り高き美貌 エラズリープライド

週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 173P参照週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 173P参照

日本の神社でお礼参りをするエラズリー

このウマ娘も気合いっぱいのようで南半球出身のウマ娘にとってジャパンカップは世界へ実力を示すチャンスらしい。

オセアニア大陸のウマ娘はアメリカやヨーロッパに行く機会がないのだろうか?

それとも日本の方が出場条件が低いのか?真偽の程は分からないが、とにかく気合十分なのは伝わった。

クールビューティな見た目なのに内に秘めているものは熱いようだ。

気合が入りすぎて神社の鈴が落ちて藤井記者に当たってしまうほどだ。

ギャグとはいえ彼の頭は無事なんだろうか?

オベイユアマスターの正体と欧州王者トニビアンカ

見返したらずっと同じ目線だな。漫画家じゃないから分からないけどこの人なんとなく描きやすそう。

週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 177P参照週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 177P参照

都内某ホテルであるウマ娘を探す藤井記者含む御一行

探しているのはアメリカから来たオベイユアマスター

先週来たのはいいものの誰もお出迎えをしてくれなかったウマ娘だ。

ホテルにも練習場にもいないと言っていたので、もしかすると何も考えずあるがまま観光したのかもしれない。それとも誰もいない土手で走り込みをしているのか

多分後者だと思う。そして同じく練習しているオグリキャップと偶然立ち会うパターンだと無類の漫画オタクの直感がそう言っている。

探していると偶然通りかかったのは欧州王者トニビアンカだ。

そして瞬時にイタリア語で申し訳ないと返事する藤井記者

英語をある程度話せる管理人の経験上(さりげなく自慢)、急に他言語は出てこない。

よっぽと話し慣れているか、イタリア国内在住でいつもイタリア語が飛び交っている環境じゃないと厳しいと思う。

これだけで藤井記者が前頭前野が異常に発達していることがわかる。

見た目が軽そうなのにこの頭の良さ。このギャップに数々の女性を落としてきたのかがよく分かる。

藤井記者の考察はどうでもいい。大事なのはトニビアンカだ。

トニビアンカは26戦15勝。内G1が6勝とかなりの強敵。

これだけで他の世界の強豪と格が違うことがわかる。偶然とはいえ欧州王者と出会えたこのチャンスを見逃さず、すぐにジャパンカップの意気込みを聞く。

それに対し、意気込みなどない勝って示すそれだけとあくまで強気の姿勢。

ハードル上がってるよ。トニビアンカさん。どうやら本田圭佑選手と同じタイプのようだ。

プロはメンタルから違う。

日本王者タマちゃん

週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 181P参照週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 181P参照

世界がなんだ。こちとら小さな巨人タマちゃんだと叫ぶタマモクロス(本人はそんなこと言ってない。あくまで管理人の妄想です)。

タマは天皇賞以降もずっと高い集中力を保っている。

タマちゃんはずっとハンデを抱えていた。体は誰よりも小さく、体調はすぐバッドコンディションになる。そして幼少期は貧しかった。

それでもこの脚だけで全てを跳ね除け、現在日本王者といっても過言じゃない立場にいる。

今更世界が何だ。全部ぶち抜いたると自信たっぷりのタマモクロス

最後に主人公オグリキャップ。彼女だけは何も話さずただまっすぐ向いていた。それは練習場のコースなのか。それともジャパンカップなのか。

知っているのはオグリキャップだけだ。

感想

すごいっすね。オグリキャップは。

主人公なのに1ページしかない。しかも何も喋っていないのに。このインパクトのデカさ。

週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 177P参照週刊少年ヤングジャンプ2021-35号 177P参照

もはや一枚の芸術作品です。美しすぎて変態発言ばかりしていた管理人の心が洗われました。

何が罵られたいだ。反省しろ!!この変態。

もうひとつ気になったのが「ベルノちゃん頑張ります」というあとがき。

オグリキャップの相棒ベルノライトは来週何かするんでしょうか。

おそらく視察だと思うんですが、来週明らかになるでしょう。

シンデレラグレイのおかげで来週もがんんばれそうです。ではまた。

ヤングジャンプ 定期購読
/~\ヤングジャンプ定期購読

このブログは毎週木曜日朝に「ウマ娘 シンデレラグレイ」に関する感想をUPします。

検索しても出てこない時は「ゲーマーズべえ」と検索もしくはTwitter(@gamersbei)のフォローお願いします。

記事が公開されたらツイートします。

 

[原作ネタバレなし]ウマ娘シンデレラグレイ 第49R 『私のエネミー』 〜オベイユアマスター只者じゃない!!〜おはようございます。べえ(@gamersbei)です。 前回は藤井記者が海外勢に取材、どのウマ娘も圧倒的強者感があったが、オベイユ...

 

ABOUT ME
Gamersbei
スマホゲームの最新攻略法や課金やスマホについ依存してしまう人を解決するブログです。もちろんイチオシのスマホゲーム(主にマギアレコード)も紹介しています。(課金・ゲームのメリット・デメリット・依存症・上手くなるには・マギアレコード)