ウマ娘&シンデレラグレイ

[史実ネタバレなし]ウマ娘 シンデレラグレイ 第68R『有馬記念』感想・考察ブログ 

こんにちは、べえです。

 

前話の67話をまとめるとベルノライトチョロイン化、ナスクリてえてえコミタマてえてえ、オグリやっぱり英語がわからないでした。

 

なんのことやら解らない方はこちらからどうぞ!

 

[史実ネタバレなし]ウマ娘 シンデレラグレイ 第67R『Take it easy』感想・考察ブログ 〜会長とのいざこざ解消回〜こんにちは、べえ(@gamersbei)です。 前回の66話はディクタ視点のオグリキャップの印象。オグリキャップのゾーン覚...

 

68話感想です。どうぞ!

毎週忘れずにYJが読めます!!

週刊少年ジャンプ定期購読/Fujisan.co.jp

期購読のお申込み・予約ができる‼︎

会員登録すると五百円クーポンがもらえる‼︎

紙・デジタル両方好きな雑誌を選択可能‼︎

4.5

レビュー(星)

 

オグママはちょっとやらしい雰囲気がある(個人的主観)

テレビにオグリキャップが映ってる。この演出はもしかして… オグママだぁー!!

 

いまだに顔を見せてくれないけどきっと美人なウマ娘第一位の登場だぜ!

 

冒頭からウザいぐらいハイテンションでお送りしている今話は有馬記念のバドックからお送りする。

 

オグリママは毎回娘のレースをリアタイで視聴しているので、たぶん顔も性格も良きだと思われる。

 

それと次ページで額縁に飾られていたオグリ親子の写真も良き。

 

幸せそうな雰囲気が出てて幸せな気持ちになる。

 

子供の笑顔っていいものだ。

 

場面が変わりお次は久々に登場するチャラい記者こと藤井記者(管理人が勝手に言ってるだけです笑)

 

藤井記者いわく見出しに困らんことはないらしい。

 

ひとりひとりがどの時代でも結果を残せる実力を持ったスターで、まさに黄金時代みたいだ。

 

スポ根や王道マンガにありがちな黄金世代だが、いつも読者をワクワクさせるので古臭く感じないのでどのマンガも採用してるんだろうな。

 

タマモクロスもスーパークリークもキメ顔をしててカッコいい。

週刊ヤングジャンプ 2022年8号 68話参照週刊ヤングジャンプ 2022年8号 68話参照

特にクリークが魔王感がある。これは4強ですわ。

 

藤井記者はこれ以上幸福なことはあらへんと発言。

 

このレースは何があっても瞬きせえへんでと絶対生きて帰って妻と婚約するんだと同レベルのフラグを立てている。

 

昨今はフラグをあえて回収しない展開が流行っているらしいが、このマンガはいい意味で王道なので、あり得へんやろって叫びたくなるほど都合よく山盛りのアイスが藤井の顔に都合よく当たった。

 

いやでもそうはならんやろ笑。

 

ヤエノムテキは一貫した信念があって好感が持てる

観客席にいるのは藤井記者だけではない。クラスメートのメジロアルダン·サクラチヨノヲー·ヤエノムテキも観戦に来ていた。

 

今回はテレビではなく生で観に来ている。

 

チヨノヲーが晴れてアプリで実装デビューしたのにケガで出場させないと生殺しをさせている原作は鬼だと思う。

 

そんな悲しい気持ちになるチヨノヲーと読者をフォローするかのようにヤエノが発言。

 

過去を悔やまず未来を憂えず

 

意味はそのままの意味でいまやるべきことをよく観察し、こころを揺るがさず、今日やるべき事に最善を尽くすことだそう。

 

まさにヤエノムテキを表している言葉だ。調べると仏教の教えらしい。

 

ヤエノは来年この中山に立つと発言。

 

その時にアルダンとチヨノヲーもどうかと誘う。自分だけではなく相手も同じ目標を持たせ慰めている。

 

励まし方としては100満点に近い。本当にこのマンガはフォローが上手い人が多いな。

 

やっぱりフォローの仕方を義務教育で習っているわ。確信した笑

 

忘れていたけどやっぱりこの作者は絵が上手い。

週刊ヤングジャンプ 2022年8号 68話参照週刊ヤングジャンプ 2022年8号 68話参照

冗談を言っている間にファンファーレがなり各ウマ娘がゲートに入っていく。

 

その他の選手をよく見ると他のメンバーもバケモノ揃いらしい。

 

その中には散々このブログでネタ扱いしているロードロイヤルの姿も。

 

あっロードファンの皆様の気を悪くさせてごめんなさい。

 

タマモクロスはゲートに入らず、上にかかれている番号を見上げていた。

 

これで最後なので何か思うところがあるのかもしれない。

 

そこに現れたのがオグリギャップ。

 

改めて本当にこのレースで最後なのかと聞く。

 

それに対し何回言わせんねんとキレ気味に発言。いつに増して不機嫌だ。

 

タマは目標だった。オグリより先にいて速く、強い。そして同じぐらい走るのが好きなウマ娘だと発言する。

 

そしてついに怒ったタマモクロス。うちに二言はない、有馬記念で勝ってしまいにすると。

 

何かタマモクロスが焦っている感じがするのは管理人の気のせいだろうか。

 

それに対し勝つのは私だ、目標にするのはやめだ。このレースで君を越えると言った。

この画力を最大限に有効活用したシーンもシングルの魅力だ。読者を惹き付ける。

 

その発言に嬉しそうにニヤリと笑い、一度も勝てなかったと歴史に刻んだると言い残し、ゲートに入る。やっぱりカッコいいよ。

 

そしてゲートに全員入り、いよいよレースがスタートした。

 

その迫力ある大ゴマのシーンに小さい吹き出しがあったのが気になった。

何かが当たった時の音がしていた。

週刊ヤングジャンプ 2022年8号 68話参照週刊ヤングジャンプ 2022年8号 68話参照

何があったんだろうか。いやなフラグじゃなかったらいいけど。

 

ようやく始まった有馬記念。勝つのは誰だ。

 

楽しみすぎて寝れない日が続きそうだ。でも来週は単行本作業で休載だ。

 

ではまた!!

 

毎週忘れずにYJが読めます!!

週刊少年ジャンプ定期購読/Fujisan.co.jp

期購読のお申込み・予約ができる‼︎

会員登録すると五百円クーポンがもらえる‼︎

紙・デジタル両方好きな雑誌を選択可能‼︎

4.5

レビュー(星)

 

このブログは毎週木曜日朝に「ウマ娘 シンデレラグレイ」に関する感想をUPします。

 

検索しても出てこない時は「ゲーマーズべえ」と検索もしくはTwitter(@gamersbei)のフォローお願いします。

 

記事が公開されたらツイートします。

 

 

ABOUT ME
アオト
こんにちは、青砥(アオト)です。 休日はオンラインゲームばかりしている美少女の概念にしてあなたの妹です。 毎日の仕事や育児でゲームをする暇のないサラリーマンのあなただけにお届けします。 このサイトでゲームの最新情報やゲーム開発企業のニュースや株価、流行りのスマホゲーム、人気スマホゲームウマ娘の外伝シンデレラグレイの感想・考察などすべてわかります。