マギアレコード

[アニメ]マギアレコード2nd 2話 感想・考察

amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照

おはようございます。べえ(@gamersbei)です。

前話のあらすじはこちら

『みんなでなら魔法少女になれる気がしたの』

『委員長の魔女』との戦闘に苦戦するまどかとほむら。

魔女の手下がまどかに攻撃を仕掛ける中、ほむらは時間停止を使用しまどかを助けるために銃を構える。

しかしその先に現れたのは謎の少女だった。少女の姿に動揺したほむらは、時間停止を解除してしまう。

まどかに手下が迫る中、危機を救ったのは神浜から戻ったさやかだった。そしてさやかは、まどかたちに神浜でのマミの事、そして「魔法少女の真実」を告げるのだった――

さあ始まりました。マギアレコード2期。このブログでは毎週日曜日にテレビアニメ「マギアレコード」の感想・考察をUPする予定です。ぜひご覧ください。

 

前週はマギレコかと思ったら違う番組が始まりましたね。一瞬制作側がミスしたのかなと勘ぐりましたが、結果的に面白かったのでよかったです。
ここから本編です。

自身の願いに苦しむやちよ

冒頭からヒールのカツカツとした音が空気を揺らす。

石タイルの上歩くと似たような音がするのは気のせいだろうか?

偶然にも研磨した石タイルのような粗い画像に長髪の女性が映し出されていた。

その名は七海やちよ。主人公環いろはの仲間の1人だ。

何処か不穏な空気を感じる。

場面が変わり、撮影現場でモデル顔をするやちよがいた(あらかわいい!!)

フラッシュ音が甲高く鳴り響く。

おそらくグループで活動していた数年前のやちよだろう。

モブのスタッフによるとやちよぐらいしか目立っておらず、半端な子が頑張っても生き残れるほど芸能界は甘くないらしい。

何処かスタッフの雰囲気が舞台感があって怖い。マギレコ節が初っ端から炸裂している。

仲間を悪く言われたやちよの心情は明るくない。

かつて私の魔法少女の願いのせいでグループの仲間やかつてのみかづき荘のメンバーが亡くなったと後悔していた。

そんな背景があり、現在のみかづき荘メンバーを見限ろうとするもいろはが「私がその前例を壊します」と決意したことで前に進もうとしていた。

しかし、一期の最終話でいろはが消息不明になる。

現代に戻り雨の中いろはを探すやちよ

体力が尽き跪き、割れて散乱した鏡に写った自分を見る。

死なないって言ったじゃないと嘆くと鏡にドッペル姿の自分が突然写っていた。

ドッペルの自分に環いろははいないと否定されると鏡をぶっ叩く(よく手を怪我しないな。魔法少女からすると鏡の破片なんてアメ細工みたいなものかもしれない。)。

探しても探しても見つからない現状に嘆き悲しむやちよ

幻覚が見えるまで追い込まれていたのかやちよさん。早くいろはちゃん出てきて!!

絶望する顔いいですね。にちゃっ(気持ち悪い…)。

amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照

マギウスにいるみかづき荘メンバーは一体何を?

ここでOPが流れる。曲名はClariS「ケアレス」

ClariSは初代まどマギで伝説と言われた「コネクト」で有名な二人組女性グループ。
またまどマギ関連のOP歌ってくれて嬉しい。
本編もOPのように明るくなって欲しいものだ。
本編に戻る。

 

覗き見城下町のウワサが現れた。しかし、1分と経たないうちにやちよさんに倒されてしまった。

約半年半ぶりのウワサさんの出番がもう終わってしまった。ウワサに人権がないのか!!

しかもみじん切りにされてるし…

みかづき荘に戻るやちよ。しかし、そこに誰もおらず薄暗い部屋でひとりいろはの行方を探していた。

いろはだったら「私よりフェリシアちゃんとか鶴乃ちゃん探してください」と言いそうだがいろはしか見えていないのが悲しい。

グリーフシードを落とさないウワサを倒していったのには訳があった。

それはある黒羽根がマギウスの本拠地は移動するウワサにあると聞いたからだ。

手がかりを捜索しながらマグカップを飲んでいるとお揃いで買ったマグカップを思い出す。

見ながらいろはが上記で言ったことを思い出す。

「嘘つき」と声を荒げ、そのまま食器棚の中にいろはのマグカップをしまう。

以前この食器棚はみかづき荘に住んでいない人を思い出さないようにしまった棚だと言っていた気がします。

そこにいろはのを片付けたということはいろははもういないものと仮定し、弔い合戦するぞと言う表れだろうか?

でも途中でいろはは生きているって言っているしな・・やちよさん心が不安定・・・

マギウスの本拠地のシーンに戻る。

一期最終話の演説の続きをしていた。

久々のニコニコ灯花ちゃんカワユス!!でもこの子生意気な悪ガキだったわ!!あぶないあぶない騙されるところだったぜ。

灯花の演説を聞きながら魔女にならなくってすむって本当なのと疑問視するレナももこ

レナとももこはまだマギウスに心酔していないようで安心した。

しかし、かえではドッペルがなかったら今頃とすっかり信者になった模様。もう手遅れ・・・

レナとももこはあれだね。かえでの目を覚まさせるために潜入したって感じがする。

その一方、フェリシアさなはマギウスの信念を信じていたが、心酔している感じではなかった。

さなちゃんいろはたちを心配していたが、やちよがいるし問題ないだろうと発言。

そのやちよさんはメンタルぶっ壊れながらいろはを探していますが泣。早く助けてあげて。

演説が終わり、白羽根たちに素晴らしい演説でしたと褒められる灯花

白羽根たちから報告を聞くと3箇所のウワサが七海やちよによって破壊されているらしい。

灯花ちゃんはご立腹。ワルプルギスの夜が来るまで少しのミスも許されないんだよと発言。

やっぱりワルプルギスの夜が来るまでは確定なのか。ここまでは原作通り。

そして白羽根の統括を任されているみふゆにも念押しをする。

不意に来る怖い顔をする灯花ちゃんが管理人の性癖に刺さります(お前は出ていけ!!)。

灯花様!!たぎります〜!!

amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照

柊ねむの狙いとは?

先月の「環いろはを知ってるかい?」から久しぶりの登場の黒江

製作陣に期待されただけのモブと言われた黒江ちゃん(そんなこと言われていないが似たようなことは言ってた気がする)だが、今期は活躍する機会が多そう。

黒江ねむにあるウワサを探して欲しいと頼まれ、古びた屋敷で探していた。

実はウワサはねむが創造したもので、そのことがきっかけで寿命が残りわずかとなってしまった。

あれ?確かゲーム版ではこの時はまだピンピンしていたような。早くもねむちゃんに不穏な展開が…

そして、散らばったウワサの内のひとつ「万年桜のウワサ」を探すように頼まれた黒江

そのウワサを見つけたらある人物を保護してほしいと発言。

突然言われて困惑する黒江だが、本心からのお願いに根負けし、探すことになった。

おかしいな、すでに元ネタのこのゲームをクリアしているはずなのに怒涛の新展開で読めなくなったぞ!!

万年桜のウワサはまだまだ出番が後で、ねむはこんなに弱ってなかった。

どう転ぶのか分からなくなってきた。

おそらくだが、保護したいある人物とは環いろはのことだと思われる。

前話のラストで「お姉さん」といろはのことを記憶がなくなる前に呼んでいたあだ名なので、記憶が戻っていることは確かだろう。

そして誰にも言わないで欲しいと念押ししたのも灯花にこのことをバレたくなかったからだろう。

どうやら考察班の出番はここまでのようだ(ガクッ。

ねむが何を考えているのか分からない。

探しているとそこに小さなキュウべえが現れた。鬼畜の方じゃないよ。かわいい方のだぞ!

小さなキュウべえは確かいろはに懐いていたはず。何か手がかりがあるかもしれないと逃げたキュウべえを追う黒江

調整屋のシーンに移る。

久しぶりに帰ったようでやっぱり我が家は落ち着くわねと疲れた身体をほぐしているみたま

すると誰もいないはずなのに沸騰しているポットに気づく。

みたまさん突然不審な出来事があったときはまずは警戒したほうがいいと思うの。何そのポーズ。可愛すぎんか!!

仮にやちよさんだと分かったとしてもそのポーズはイミフ。

amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照

するとそこに勝手に紅茶を飲むやちよがいた。

潰れたかと思ったと発言するやちよに対し、急な出張サービスで遅れたのと明言。

するとソウルジェムからやちよの武器が出てきて、みたまの喉あたりに突きつけながらこう言った「出張サービスってマギウスの翼のところ?」

不法侵入の上に恫喝。重大犯罪を犯しまくるやちよ

信頼を0にする行為を瞬きする間に数回犯すやちよさん恐ろしいぜ!!

しかも魔法少女に変身しなくても武器出せるのね。さすがベテラン!!

このやり方でマギウスの構成員何人か殺せるのでは?

この事態に冷静に対応するみたまも只者じゃない。

ただソウルジェムを調整してドッペルを安定させているだけと明言。

ここでよく分からなかったドッペルについてアニメでついに明らかになった。

ドッペルの正式名称はドッペルウィッチ。それは感情の写し。

通常はソウルジェムが濁ると魔女になるがドッペル化すると一部が魔女化し、それを行使できる。

ドッペルウィッチすることで穢れが取り除かれ、グリーフシードと同じ効果が発動する。

結果的に魔法少女の魔女化が免れる。

それだけだとメリットしか聞こえないが、もちろんデメリットもある。それは強い依存性と副作用である。

あまり多用しないほうがいい代物には違いない。

多用するとマギレコ2部に出てきた三輪みつねのように意識不明になる可能性がある。

それでも一発で死ぬ魔女化を防げるのが本当なのでマギウスはドッペルを重宝していると言うわけだ。

あくまでみたまはビジネスで関わっているとしか言っていない。その謎さも彼女の魅力だろう。さすが人気トップクラスの女だぜ!!

ここからが最もやちよが聞きたかったことだろう。「ホテルフェントホープはどこから行けるの?」

だから中立の立場だから知らない。魔法少女を救うのは悪いことじゃないんじゃないと意見が少しマギウス側だ。

それでもやちよはマギウスと仲良くできない。

どうして許せないのか?

それはいろはがなくなったと言うのに自分は普段通りに仕事をし、帰宅をしている。そんな私は許せないからだという。

今まで犠牲にしたと思っている仲間の償いもあると発言。

その意見を汲み取った彼女はあくまでマギウス側からの紹介がないと私でも入れないのと答える。

やっぱり黒羽根から直接奪うしかないようねと強硬手段をとる。

冷静じゃないなやちよは。暴力しか考えていない泣。

やちよvsみふゆ

黒羽根捜索兼マギウスの本拠地探しをするやちよ。何か既視感があって嫌な予感がする。

するとそこに小さなキュウべえを追いかけている黒江の姿が。

最初はいろはの知り合いということで穏やかそうな雰囲気だが、マギウスのペンダントを見た瞬間顔が豹変。

マギウス絶対殺すマンじゃないすか!!

逃げるがその先は行き止まり。

するとその背後にやちよの姿が。

あれ?ホラーゲームですか?わたしかわいい女の子がキャッキャするアニメを見たつもりなんですが、間違えました。

そう思ってもおかしくないほど豹変した顔で黒江に近づく。

すると「そんな怖い顔して近づいたらダメですよ。やっちゃん。」とどこからか聞こえる。

やっちゃんと呼ぶ人物はただ1人しかいない。梓みふゆだ。

みふゆ曰く話したいことがあってきたそうだ。

今更どのツラ下げてきた。と聞く耳を持たない。

これ以上魔法少女の犠牲を出さないために強引な手段に出ることもあると答えると

ふざけないで!!誰をいろはを犠牲に選んだの!!と発言。

「選んでいません。まさかあんな事故で死ぬなんて。マギウスの願いが達成すればいろはさんみたいな弱い人が死なずに済むんです。」と親友なのにやちよの地雷を踏みまくるみふゆ

無理もないっか。まさか自分の親友が年下の女の子をあんなに溺愛するなんて思ってもいなかっただろう。いやもはや信仰ってレベルだわ。

やちよはマギウス信者ではなくていろは信者なんだ。改宗なんて考えてすらないって感じだ。

いろは神を侮辱したことで激昂したやちよはそのまま魔法少女に変身する。

ちょくちょくやちよさんが怖い顔してるよ(ビクンッ!ビクンッ)。

amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照

変身演出、前回も思ったが神懸かってるな。

話し合いは無理だと判断したみふゆも変身する。

変身した直後に襲いかかるやちよ。憎しみが先行してるよやちよさん。

戦うもバーサーカー状態のやちよが一歩上手だ。

そこでドッペルで対抗するみふゆ

ドッペル状態でもなんとか対話を試みるみふゆ

「やっちゃんのような強い娘ばかりじゃない。マギウスはいろはさんのような弱い人の集まりなんです。」とまた逆鱗に触れる。

いろははあなたみたいに自分のことばかり考えていない。いつも人のばかり気にして。」

「私のせいでいろはが犠牲になってしまった。いろははあなたと少しも似てなんかない!!」

ソウルジェムが濁りドッペルウィッチに変身するやちよ

前回に続きまた神作画でお送りしているマギレコ。

1話1話でこれじゃあ時間かかってもしょうがないな。あまり無理しないで欲しいなと1視聴者は願うばかりだ。

最終的にやちよが勝利し、トドメを刺そうとする。

もうドッペルに意識奪われているじゃないっすか。

これが副作用か・・・

そして儚げな顔をするみふゆ。敵キャラなのにそんな悲しい顔をしないでおくれよ。

amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照amebatv「マギアレコード覚醒前夜」 2話 参照

途中で楽しかった思い出が鮮明に甦る。

みふゆだって犠牲にしたくないと我に帰った。

その場から離れ、私は自分の運命と向き合うと決めたとみふゆに発言した。

真似できないですといい、近くにいた黒江を呼び寄せ一緒に本拠地に帰ろうとする。

しかし、小さなキュウべえがテレポート圏内から離れた。

何がなんでも運命に抗う意志を感じる。

結果的に黒江だけ転移できずに終わった。それでも止まらない小さなキュウべえ

ある目的地に向かって走り出す。

向かった先はウワサ結界。ためらいことなく中に入る。跡を追うやちよ

そこに見えたのが大きな樹木。

その先にピンク色の何かが見える。

ねむの語りが始まる。私たち3人は退院すると大きな桜の木の下でいつもお見舞いにきてくたお姉さんと再開する。4人の再会を祝福するように満開の桜が咲く。見失ってもいつか僕たちはその木にたどり着く。

その名は「万年桜」

謎のピンク色の正体は環いろはだった。

しかし、ドッペルに支配されている状態で。

一体いろはに何があったのか?

やっぱりいろはのこと覚えているよねねむちゃん。しかも3人が退院って言っていたのでういのことも覚えている可能性が微レ存。

一番謎だよねむちゃん!!来週まで待てないぜ!!

ではまた!!

ABOUT ME
Gamersbei
スマホゲームの最新攻略法や課金やスマホについ依存してしまう人を解決するブログです。もちろんイチオシのスマホゲーム(主にマギアレコード)も紹介しています。(課金・ゲームのメリット・デメリット・依存症・上手くなるには・マギアレコード)