ゲービジ

デジタルデトックスとは? メリットと効果的なやり方

はじめまして!べえです。ゲームをビジネスの観点で紹介しているブログです。
この記事はデジタルデトックスって何?とよくわかっていない向けです。また挫折しないための方法とやり方も紹介しています。

デジタルデトックスとは?メリットはあるの?

デジタルデトックスとは

wikiによると、SNSやスマートフォンやコンピューターといったデジタル機器の使用を自発的に控えていくこと、またその期間のことです。

スマホが広まり始めた当初はあまりの便利さにすごいと持てはやされました。

しかし、徐々にスマホによる悪影響やデジタルドラックという言葉が広まってスマホの悪い一面が明らかになりました。

スマホは便利だけど常に触る生活から解放されたいとの声が広まってデジタルデトックスを始める人が増えたと考えられます。

デジタルデトックスをするメリットは眼精疲労や肩こりの解消・SNSからの脱却・睡眠の質が上がるなど数多くのメリットがあります。

休日にたっぷり寝たのに疲れが取れないなとか動いていないのに疲労感があると感じるのは実はスマホを触ったのが原因かもしれません。

スマホを一日触らないだけでも疲労回復が自分でもびっくりするほど回復します。

デジタルデトックスはただデジタルから離れるだけではなく健康にも良いのです

嘘だと思って試しに1時間だけでも良いので試してみましょう。

デジタルデトックスは独学では中々厳しい

しかし、実際にデジタルデトックスをしてみたけど気づいたらスマホを触ってしまったと挫折した人が続出しています。

スマホの中には世界中の優秀なエンジニアが全技術を屈指して開発したアプリがスマホの中に集結しています。

一度沼にハマれば底なし沼のように脱出するのは困難です。

スマホは常に肌身離さず持っているのが当たり前の生活だったのに急にスマホから離れると不安に駆られます。

黒木
黒木
「離れている間に友達からのSNSが来たらどうしよう…もし会社から急用の電話がかかってきたら…期間限定のイベント消化してない…」

などあげたらキリがありません。

そして考えすぎてそもそもなんでスマホから断つ必要があるんだろうと禅問答してしまいます。

タバコやお酒は完全に禁止にすれば良いのでまだ楽ですが、スマホの場合生活必需品なので完全に断つのは難しいでしょう。

そこで誰でもできる簡単なデジタルデトックスのやり方を3つ紹介します。参考になれば幸いです。

サウナ・温泉

3つに共通していることは強制的にスマホが使えない環境をつくることです。

例えば中学校や高校でスマホ持ち込み禁止など厳しい校則が多いのは勉学に強制的に集中させるためです。

人間は自制心がない弱い生き物なので、自由を与えすぎると何もしなくなります。

大学生が勉強しないのも自由を与えすぎているからだと個人的に考えています。

話が逸れましたが、つまりスマホを触りたくても触れない環境を強制的に作ることでデジタルデトックスができるようになります。

そのひとつがサウナです。サウナはデジタルデトックスできるだけではなく身体や脳の疲れが取れます。

脳は何もしなくても勝手に疲れますが、スマホを触ると視覚が刺激されるのでその何倍も疲れます。

またスマホによる眼精疲労や肩こりもサウナに入ることで解消するのでデジタルデトックスと併用するとより効果は倍増します。

やり方はサウナが約12分、水風呂1分、外気浴5分の約20分を3セット繰り返します。

1時間拘束しますが、その効果は絶大です。

むしろ頭がスッキリする快感から離れられず定期的にサウナに入りたくなります。

映画館

映画館も上映中はスマホを触れないので、強制的に遮断できます。

映画館自体長くて2時間半拘束されるので、単純計算で考えると2時間半スマホデトックスできます。

とはえいデジタルから離れるからデジタルデトックスというのであって映画も広い定義でデジタルなので、デジタルデトックスと言えないかもしれません。

しかし、映画館はスマホやPCのように下を向かないで正面を向いて離れてみる娯楽なので、眼精疲労や肩こりになる可能性は低いです。

また映画館の場合、その後で友人や会社からの連絡に気付いても映画を観ていたから気付かなかったといえばたいてい許してくれます。

全世代共通の認識なので、スマホデトックスするのに最強の環境だと個人的に考えています。

しかし、特に若い世代の場合、鑑賞中でも返信できるだろうと言ってくるかもしれません。

その友人は常識がないのでその場で絶交しましょう。その方があなたのためになります。

必要のないアプリをアンインストール

気分転換やスマホ依存予防だけではなく目標達成のためについスマホを触りたい欲求を断つのもデジタルデトックスのひとつです。

テスト期間の2週間だけとか資格を取得するまでなど期間は自由に設定します。

目標達成に必要のないスマホ内のアプリをアンインストールし、電話機能しかないスマホにすることです。

目標達成したらまたインストールすれば良い話です。著書「時間術大全」「デジタル・ミニマリスト」にかかれている方法です。

SNSやゲームアプリのパスワードは忘れる前にメモ帳に書けば問題ありません。

最初は勇気が必要ですが、アプリの整理整頓をすると本当に必要なアプリって少ないんだなと気づきます。

勉強だけではなくスマホから離れられない人にもオススメの方法です。

目安としては15コ以内まで減らしましょう。

私の場合はスマホ決済や、YouTubeとYouTube Music、ネットバンク、クレジットカードアプリ、Googleマップ以外は標準搭載アプリしかありません。

標準アプリも本当は消したいのですが、構造上アンインストールできない仕様らしいので残しています。

なくても検索すれば写真も検索アプリや電卓など表示されるので遠慮なく消去しましょう。

youtubeは人によっては必要ありませんが、私の場合は車の運転中に聞き流すのが日課なので使わなかったらログアウトするだけにしています。

まとめ

まとめると

  • 強制的にスマホを触れなくする環境は挫折しにくい
  • サウナと併用すると効果は倍増する
  • 映画館はどの世代にも説明できる最強のデジタルデトックス
  • 決めた期間は必要ないアプリを消去する

以上で『デジタルデトックスとは? サウナや映画館などが効果大!』を終えます。いいねやコメントをいただくと励みになります。

ABOUT ME
Gamersbei
スマホゲームの最新攻略法や課金やスマホについ依存してしまう人を解決するブログです。もちろんイチオシのスマホゲーム(主にマギアレコード)も紹介しています。(課金・ゲームのメリット・デメリット・依存症・上手くなるには・マギアレコード)